僕のおうち工房

- 注文住宅を建てる -

【入札で売却!】10年落ちの自動車を買取業者に売ってみました。

スポンサーリンク

自動車の中古買取業者で入札して売却してみました。

10年落ちの自動車を入札方式で売却してみました。
名刺を用いた簡易的な入札方法で透明性のあり、納得できる売却方法でした。

10年間も色々な場所に付いてきてくれた愛車を買い替えることになったので、ディーラーに下取りを出すと査定額は0円という結果に。その後に色々と情報収集した結果、見事10万円超で売却できました。

10年落ちの自動車は売れるのか

自動車は国産車のフィットです。10年経過し走行距離は約9万キロと一般的な市場価値は0円と言っても過言ではありませんでした。

自動車を新しく買い替えるために、ディーラーに下取りをお願いしたところ査定額は0円で、無料引き取りならお受けできるというお返事でした。

鉄の価値もなし?

正直なところ、10年落ちで約9万kmも走行している自動車に価値はないと思っていましたが、スクラップにして鉄など「素材としての価値」はあると思っており、少しながら値段は付くものかな?と淡い期待を抱いていました。

しかし結果は0円と非情でした。そのため、一旦家に持ち帰り中古業者の買取について色々調べてみることに。

一括査定サイト

一つ目に見つけたのは、王道の一括査定サイトです。売却の意思を示して、登録されている10社程度の業者に一斉見積依頼をかけます。

大手企業から中小企業まで幅広く、専門性の高い輸入車にも対応できるサイトも存在します。そのため、どの業者に依頼すればいいのか分からない・・・。といった場合にお手軽に依頼できるのが最大のメリットです。そもそも自動車を売却すること自体が数年~10年に1回程度なので、どのような業者が良いのかも調べないと全く分かりませんからね。

デメリットとしては「電話ラッシュ」の多さです。一斉に10社近くに依頼をかけるので、10社との対応が終わるまで電話が鳴り続けます。とはいえ、この電話が永続的に続くわけではありませんし、自動車の売却が終われば業者にとって「お客さん」にはならないので営業電話が来ることは無くなります。

メールのやり取りはあまり期待できず、基本電話対応というのも若干のデメリットですが、一時的と割り切ってしまえば一括査定サイトも一つの選択肢です。

個別査定

一括査定があれば、個別査定も当然ながらあります。CMなどで聞いたことがある会社のホームページから買取申請をする方法です。

自分でどの会社に依頼をするか?と調べなければならないのがデメリットですが、一括査定サイトのように「電話ラッシュ」に困ることはありません。また、業者からにとっても"優良顧客"とみなされることが多いのも特徴です。

業者視線で考えると、一括査定で依頼が来た顧客は契約が取れる確率は低いです。10社近くもライバルがおり、数多くある業者の中の1社として選ばれているだけです。

その反面、個別査定であれば、この会社は評判が良いから依頼してみよう!と思っているわけですから、契約が取れる確率が高く、顧客が自主的に選択した1社なので、営業の方の熱意が比較的高くなります。

  

人気の高い業者

一括査定や個別査定で依頼するのにオススメな業者をご紹介します。

1.カーネクスト(電話一本で無料査定・高価格買取【カーネクスト】

2.アップル(中古車買取・中古車査定のアップル【公式】

3.ネクステージ(新車・中古車の【ネクステージ】)

4.ラビット(中古車を売る際の無料査定は【ラビット】

その他にも、ビッグモーターやガリバーなどの大手企業も安心度が高いです。

入札の実施

私は電話ラッシュを避けたかったので、3~5社程度に絞って「個別査定」を申し込みました。依頼をかけて数分経たずに電話がすぐかかってきますが、基本情報はネット申込時に入力しているので、伝えることは1点のみ。

「○○時に自宅まで来てもらえますか?」と依頼するのみです。

これで入札を行う事前準備はほぼ整いました。といっても何も難しいことはしていませんね。

各社が続々到着

今回お願いしたのは、ネクステージ・ラビットの2社です。その他にアップルやカーネクスト、ビッグモーターにも依頼をかけましたが、後者の3社は条件が合わず断念しました。

アップル:時間が合いませんでした。

カーネクスト:エリアが担当外でした。

ビッグモーター:10年落ちの悪い条件の場合は現地見積もり不可でした。持込査定のみOKとのこと。

約束した時間になり、自宅に集まってくれます。簡単な名刺交換を経て、実車の確認をしてもらいます。10年落ちの自動車なので、チェック項目はそこまでないらしく、ベテランだと5分程度、新人だと20分程度の査定時間になると思います。

入札書

官公庁等で行われているようなしっかりした入札ではなく、あくまで個人の私的な入札です。

営業の方からもらった名刺を一旦返して「振込金額」を書いてもらい、一斉に提示をします。各業者の慣習なのか分かりませんが「他社の札も一斉に見せて欲しい」との要望があったので、特に不都合がないため快諾し、同時に全員オープンにしました。

結果は最初の画像の通りで、以下の結果になりました。

会社 入札額 担当者
ネクステージ ¥105,000 20代女性
ラビット ¥106,700 50代男性

その差はわずか1,700円で、ラビットの落札です。

なお、入札時の注意点としては「振込金額」を記入してもらうのが重要です。業者によっては記入した金額から諸経費を引いて実際の振込額が少なくなるといったケースもあるためです。

また、査定時では見つからなかった不具合を自社の工場に持っていったら見つかったため「減額をする」と言われることがないように、持ち帰り後の「減額査定」はなしと念押しも必要です。

そのため、自分の口座に振り込まれる「振込金額」でないと条件が一致せず、入札の条件が狂ってしまいます。

落札後

結果がオープンになった時点で、金額が下回ってしまったネクステージは撤退し、ラビットとの契約をその場で締結をします。

必要書類は営業担当者が常備しているので、当日に売る側が準備するものは車検証や自賠責、リサイクル預託証明書程度で、どれも車検証と一緒に保管しているものなので、用意するものは何もありません。

契約が締結すると、引き取り日時を決めて牽引車で引き取りか、営業担当者が自動車に乗って持って行ってくれます。

引き取り日

自動車を引き取りに来るタイミングで、必要書類を整えて書類一式を渡します。

別途で必要となる書類は参考程度ですが、以下のとおりです。

・住民票

・印鑑証明書

・同意書(営業担当者から貰えます。)

・自動車税の納付書(控え)

そこまで難しいものはなく、前者の2つはマイナンバーがあればコンビニで発行できるのでお手軽です。

不落者からの連絡

無事に落札したラビットと契約が終了した後に、不落者のネクステージの担当者が電話が入りました。

「すみません・・・!記載した金額で二重に経費を引いた計算をしてしまい、更に1万円多くする予定でした・・・。金額の入れ直しをしたいです。」

2社の差額はわずか1,700円でしたから、そこに1万円を上乗せすればラビットを上回ることになります。

ただ、あくまで入札はその場限りのもので、入れ直しを許してしまうと入札を実施した意味がありません。そして、ラビットとも契約を締結しているので「民法」的にも有効な契約です。そのため、1万円程度で変な軋轢を生みたくないので、丁重にお断りをしました。

実際問題なところ、業者間ではこのようなやりとりが日常茶飯のようです。営業担当者にも人件費はかかっているわけですし、わずかな金額差であれば色々と理由をつけて契約を取りに行くという姿勢も大いに理解できますし、もっと大きな金額を提示されたら心が揺らいでしまう方もいらっしゃるかと思います。

ただ、お互いの信義則に反してしまうので、入札はその場限りで完結させる。というのは徹底した方が良いです。後からでは何とでも言えるわけですからね。

満足な結果に

入札を実施するというのも、あまり体験する機会ではありませんから、実際にやってみてとても面白く、満足な結果に落ち着きました。

これが1社だけでのやり取りであれば、この金額は相場なのだろうか?騙されていないだろうか?と不安に思うことは出てくると思います。

今回は2社での比較になりましたが、両社とも大きな差はなく、これが愛車の相場なんだなと大いに納得できる価格で売却をすることが出来ました。

そもそも、ディーラー査定では0円だったのが10万円超の金額ついたのですから満足しないわけがありません。少し手間はかかりますが、やる価値は高く、必須レベルと言っても過言ではないかもしれません。

なお、余談にはなりますが、ラビットの営業担当者はベテランの方で、他社が出す相場観を大体把握されているようでした。そのため、わずかに上乗せした入札書を入れて、スマートに契約を勝ち取ることが多いようです。

もちろん、情報の多さがその方の強みでもありますから、営利を求める手法としては当然ですね。

廃車やバイク買取でも

今回は自動車の買取をお願いしましたが、事故車などの買取が厳しい場合やバイクの買取でも同様の手法が使えますので、ご検討されてはいかがでしょうか。