僕のおうち工房

- 注文住宅を建てる -

造作キッチンを入れるための構想

スポンサーリンク

造作キッチン ウッドワン

注文住宅の中で特にこだわるのがキッチンですよね。

設備の中でも一番大きな金額を占める所でもありますし、使用頻度も高く一番削りたくない部分かもしれません。

さて、キッチンの中でも多くの方はシステムキッチンを入れるかと思いますが、せっかく設計事務所で建てるのですから、造作キッチンも検討に入れてみたいと思います。

キッチンの構成

キッチンといいましても、水栓シンク・コンロ・オーブン・レンジフード・天板・引き出し。と色々な要素が絡み合い出来上がっています。

システムキッチンはそれらの要素をうまくまとめたメーカーの集大成の商品がズラっと並んでいます。

各社それぞれの違いはありますが、求められる機能は皆さん同じなので似たようなデザインになってしまうのは仕方ありません。

その中でも機能に差をつけようと研究開発が進んでいますよね。

 

システムキッチン

ある程度の規格が決まっており、耐久テスト等もクリアしていることから品質は確保されています。さらに出荷量も多いことから、金額も安価に抑えられるメリットがあります。

その反面「ここはこうして欲しいのに」「これはいらないのに」などといった要望を叶えようとするとオプション代として値段がドンドン上がっていきます。

ある程度は妥協をしつつも、総合的な使いやすさは圧倒的でしょうね。

 

造作キッチン

完全に自由に作れますのでシステムキッチンの中でいらないものを外したり、ついていないものをつけることが可能です。

例えば海外製の食洗器です。システムキッチンでは規格の関係上、ハイランク以外には入れられないケースが多々出てきますが、造作キッチンであれば入れたい設備に応じてキッチン側を自由自在に動かしますので望むものが望む形で手に入ります。

ただし、職人がゼロから作る贅沢な設備なので価格が飛び抜けて高いです。

もちろん、こだわった分だけ費用が上がっていきますが逆にシンプルにすれば・・・?と思っています。

 

造作キッチンを実現するために

多機能を徹底的に省き、シンプルを目指していきます。

まずは参考にするものとして、ウッドワンのフレームキッチンです。

ウッドワン フレームキッチン

フレームキッチン | システムキッチン | WOODONE

冒頭の写真と同じものになりますが、このシンプルさに魅力を感じています。

ウッドワンは好き嫌いがハッキリと分かれるメーカーですので、多機能なシステムキッチンを求める方は受け付けられない方もいらっしゃると思います。

引き出し

造作を考え出したきっかけは、妻が「引き出しっている?」という発言から始まりました。

反射的に「え?普通はついているでしょ?いらないの?」と言いましたが、理由はこのようです。

引き出しってさ、毎回使う場所が限られているんだよね。

手前の取りやすいところがメインになるし、使わないエリアの場所まで引き出しを空ける動作に無駄を感じるの。

 

な、なんという効率厨・・・!笑

 

でも確かに言っている意味はわかります。

システムキッチンの引き出しの幅って結構広く、大は小を兼ねると同じように、何でも入るように設計されています。なので、必要なエリアだけを空けるという動作ができないんですよね。

 

より動作をシンプルに。

ということで引き出しを全て無くし、ウッドワンのフレームキッチンにあるような木箱やケースを用意して、使いたい物だけを取れるようにしていこう。という方針に固まりました。

そうすると造作キッチンとはいえ、基本的には骨組みだけです。

引き出し用のレールも要りませんし、板扉の材料もかからない計算になります。

こればかりは見積もりが出ないと分かりませんが、手が届かない程の金額にはならないではないか、と希望的観測を抱いています 笑

 

吊戸棚

もう一つ、造作すると必要になってくるパーツが吊戸棚です。

LIXIL システムキッチン シエラ

LIXIL | キッチン | シエラ

レンジフードの横についている吊戸棚は収納スペースとして優秀ですし、1年に数回しか使わない物を置いておくのにも便利です。

ただ、一番上の部分はより届きにくく、数年以上も置きっぱなしになってしまう調理器具等が出てくるデメリットもあります。

そこで吊戸棚もいらないんじゃない?という暴挙に出ます。

 f:id:chip_dale165:20200126001524j:plain

su:iji(スイージー) | システムキッチン | WOODONE

こちらも先ほどと同じウッドワンのシステムキッチンになりますが、棚をなくて板だけをバン!とつけるスタイルでも良いのでは、と構想しています。

隠す場所がなくなり見せる収納のキッチンです。

 

こういうのって大手システムキッチンだと中々見かけないんですよね。

シンプルで有名なサンワカンパニーであればフレームキッチンというのがリーズナブルな値段で販売していますが、あまり好きになれませんでした。

サンワカンパニー フレームキッチン

ステンレスユニットシェルフキッチン|MUJI+KITCHEN|サンワカンパニー

無印とコラボしている設備です。

W860、D415の大きさで約12万円という金額で

W2500、D670でも約33万円と非常にお安いです。

ウッドワンのフレームキッチンは最低でも60万円~なので価格差が圧倒的ですね。

 

海外製食洗器

キッチンには海外製の食洗器をどうしても導入したいのです。

日本製の食洗器は予洗いを前提とした作りで洗浄力があまり高くありませんが、海外製は洗浄力がケタ違いに上です。

ミーレ・ガゲナウ・ASKO・AEG・BOSUH等の多くのメーカーがありますが、食洗器については別の記事にしようかと思います。

 

ちなみに、システムキッチンに海外製の食洗器を入れたいけど規格が対応していなくて苦慮されている方も多いかと思います。

食洗器のためにキッチンのグレードを上げて大きな出費の選択を余儀なくされるケースもありますが、食洗器をシステムキッチンに組み込まなければならないという理由はありません。

カップボードやキッチンボードに入れれば、グレードを上げなくても導入する道が開けるかと思います。

そこで気にされるのが導線ですよね。

シンクから食洗器に移す動きが遠くなることは確かですが、海外勢は洗わずに入れることが前提なので、そこまで影響しないように思います。

システムキッチンにとらわれることなく海外製の食洗器の導入の道が一人で多く開けますように・・・。