僕のおうち工房

- 注文住宅を建てる -

【ミニクーパー】ラゲッジマット(トランクマット)を買ってみました。

スポンサーリンク

ホットフィールド社のラゲッジマットです。クルクル丸まった状態で届きました。

愛車のMINI、ミニクーパーF55。
ラゲッジマットを清潔に保つようにマットを購入しました。

自動車を購入したら、まず最初にアクセサリ商品を検討される方が多いと思います。その中でも必須とも言えるのがラゲッジマットです。

以前乗っていた自動車のラゲッジルーム(トランクルーム)は、キレイに使用していたつもりでも汚れが溜まり、掃除機をかけても中々ゴミが取り切れませんでした。これなら最初からマットを敷いて掃除しやすくしておけば・・・!と思っていたので、前々から憧れていたミニクーパーの購入を機にラゲッジマット(トランクマット)を導入してみました。

ラゲッジルーム

ラゲッジルームと言う人もいれば、トランクルームと言う人もいるようですが、ここではラゲッジルームと呼ばせてもらいます。

とても便利な収納スペースであり、多くの方が酷使している場所と言っても過言ではないと思います。スーパーで買い物した際にエコバッグや段ボール、カゴを乗せたり、マリンスポーツやウィンタースポーツの道具など。特に汚れやすいのは、釣り道具やキャンプ用品でしょうか。一度汚れると中々キレイな状態に戻せないのが難点です。

汚れが落ちにくい

ラゲッジマットは繊維が複雑で、チリやゴミが入ると取るのが非常に困難です。ダイソンの掃除機で吸っても、コロコロの粘着シートで掃除しても、完全に取るのは不可能なぐらい繊維の中に入り込んでしまいます。

これは埃が舞い散らないようにするためのメリットもあるのですが、清潔な状態を維持したい側からしてみると億劫な仕様です。

ラゲッジマット

汚れたとしても、掃除がしやすくメンテナンス性を良くしておくために、ラゲッジマットを購入してみました。

ラゲッジマット(トランクマット)です。カーボン製で防水性にも優れています。

購入したラゲッジマットです。
ラバーマットで防水性にも優れ、掃除のしやすさが段違いに向上しました。

こちらが購入したラゲッジマットで、ホットフィールド社が製造している製品です。

「え?ミニクーパーを購入しているのに純正品を使わないの?」という声が聞こえてきそうですが、お値段が2倍もするんです・・・笑

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BMW MINI フロアマット MINI F55 5 DOOR ラゲージ カーペ...
価格:11506円(税込、送料無料) (2022/8/3時点)

 

Amazonでの比較ではありませんが、楽天市場の「BMモーターパーツ」ではBMWの純正品を取り扱っているサイトです。一番最初はこちらの純正品を検討していました。

ラゲッジマットのみを比較すると、約12,000円(純正品)と約6,000円(社外品)なので、その差は6,000円です。

このぐらいの差であれば、純正品でも良いかな・・・?と思っていたのですが、フロアマット(運転席、助手席、後部座席×2)も含めた総額で比較すると大きな差が生じます。

純正製品の総額は約30,000円

ホットフィールド社は総額は約16,000円

こちらでも価格差は約2倍で、中々の差ですよね。

純正品であればMINIのロゴが付いて所有欲を満たしてくれますが、社外製でも好評判のホットフィールド社製を購入しました。

表と裏の比較

実際に届いた商品の表面と裏面を比較してみます。まず驚いたのが縫い付けの精巧性です。ほつれ等は見当たらず、一つ一つ丁寧な仕事をされているのが商品を見て第一に感じた感想です。

ホットフィールド社のラゲッジマットの表面です。
ホットフィールド社のラゲッジマットの裏面です。
ホットフィールド社の社外製ラゲッジマットです。
表はラバーマットのカーボン調で、防水性に優れています。
裏は滑り止めの役割を担い、ズレにくい構造になっています。

表面はカーボンファイバー調でツルツルしており、仮に水がこぼれたとしてもサッと拭き取りやすい素材です。また、掃除機やコロコロでの掃除もしやすくなっており、ゴミや埃が繊維に絡まって美観を損ねることはなさそうです。

裏面は普通の繊維でザラザラとした手触りです。これがズレ防止を担っているのだと思います。

設置してみます。

それでは、早速届いた製品を愛車のミニクーパー(F55)に設置していきます。

ホットフィールド社のラゲッジマットを実際に敷いてみました。

ホットフィールド社のラゲッジマットを実際に敷いてみました。
社外製とは思えないほどのジャストフィットです。
受注生産で、一つ一つ丁寧に製造されていることが分かります。

なお、梱包時は丸まった状態で届くため、巻き癖がついていますが、設置時には何も気ならずフラットの状態になりました。仮に巻き癖が強かった場合であっても、数日経てば自然にフラットな状態になるようです。

我が家のミニクーパーはストレージコンパートメントパッケージのオプション付きの製品で、棚板が設置されており、その下には床下収納のような形になっています。

ラゲッジマットを設置することによって、棚板の稼働が若干やりづらくなりますが、そこまで頻繁に動かすものではありませんし、清潔な状態を維持する方が重要です。

何より寸分のズレもないシンデレラフィットなのが本当に驚きです。純正品は使ったことがありませんが、この製品の品質の高さには脱帽します。

景品付き

購入時のおまけとして、ドリンクホルダーのコースターも一緒に頂きました。

ホットフィールド社のおまけ品で、ドリンクホルダーのコースターです。

ラゲッジマットの製造過程で余った材料でしょうか。
ドリンクホルダーにぴったりのコースターも付いてきます。

素材はラゲッジマットと同じようなおので、カップホルダーの底敷きカバーとして使用できます。当然ながら、こちらのジャストフィットです。2個もつけてくれるのが嬉しい心遣いです。

多くの国産車に対応

評判が高かったので、実際に購入してみましたが、大満足の出来る製品でした。(フロアマット専門店ホットフィールド

今回購入させていただいたミニクーパー(MINI F55)の商品は以下のものですが、5ドアのF55だけではなく、3ドア(F56)やクラブマン(F54)などBMWも含めた多くの車種も製造をしています。

また、全て「日本製」のオーダーメイド加工で自社工房で一貫生産していることも驚きです。それにも関わらず安価な提供を実現されているのですからお見事です。

なお、BMWだけ限らず国産車のラゲッジルームマットやフロアマットも製造しています。

トヨタ

プリウス、ハリアー、ノア、ヴォクシーなどの主なラインナップが揃っています。

   

ホンダ

N-BOX、ステップワゴン、フィットとホンダの車種もほとんど対応しています。

   

マツダ、スズキなど

その他にも対応していない車種がないのでは?と思うほどのラインナップが用意されています。ここまでの車種をカバーするためには、数十種類の寸法図・図面を管理されているわけですから、その企業努力は素晴らしいと思います。